トップ / 矯正技術の進化について

矯正技術の進化について

矯正技術は進化する

虫歯

技術の進化で負担が軽くなる矯正

本来、歯の矯正といえば幼い内に歯並びを良くするために子供に受けさせるというのが通例でしたが、今ではそのニーズも多様化し、大人になってから歯が大きく曲がってしまったり、互いの歯が押し合って並びが崩れてしまったりするのをきちんと制御して綺麗な状態を形成することにも利用されています。このように、近年では矯正に年齢は関係なくなり、永久歯が生え揃った状態で治療していくのも容易になってきています。また、その装置も多様化しています。

上顎前突の矯正方法について

上顎が下顎よりも出ている上顎前突の症例の歯並びの場合、治療方法としては歯並びが綺麗になるような空間を確保するために抜歯の方法をとる事が一般的です。子供の時には対象の子には床矯正といって顎の部分を広げる治療法を展開する事もあります。同時に上顎前突の症例は鼻呼吸、舌癖、おしゃぶりや噛み方によって前歯が押し出される事も多く、口腔内に関わる癖も同時に治療しておく事で矯正治療終了後の歯の後戻りを防いでくれます。

↑PAGE TOP